玉ねぎ、高くて品薄ですねえ…

玉ねぎの入荷状況 暮らし

玉ねぎが高いです。店頭に並べられる量も少ない印象です。

福岡の青果会社によると、5月も高値が続く見通しです。

(追記/2022.5.11)佐賀・白石町の玉ねぎの出荷が5月初旬にピークを迎えたようです。今年は例年並みの出荷の見通しということなので、今後は徐々に落ち着いていくのではないでしょうか…。

スポンサーリンク

高値&品薄がずっと続いていますね…

2月~3月頃だったでしょうか、一時、スーパーの店頭から玉ねぎが消えたことがありましたよね???

その後、3月下旬~4月くらいに、新たまねぎが出回るようになると、また出回るようになりましたが…。

異変の原因は、ダントツの生産量を誇る北海道での不作と言われています。昨夏の不作の影響でじわじわと値上がりしていたところに、今年の佐賀産の出遅れ(1~2週間の遅れ)が追い打ちをかけました。

5月もまだ高そうです…

5月も高値が続くようです。

ソースは福岡大同青果株式会社の公式サイトに掲載された「2022年 5月の青果物入荷の見通し」です。昨年のシェアが載っているのも参考になります。

玉ねぎの入荷状況
http://fdydo.co.jp/より

先月(4月)も下記のとおり高値でしたね。店頭から玉ねぎが消えた頃は、北海道産が途切れ、佐賀の入荷が遅れた時期だったのでしょうか…。

玉ねぎの入荷状況
http://fdydo.co.jp/より

ただ、5月に入り、佐賀産の出荷が進んでいるので、今後は徐々に落ち着いてきそう…ですよね?

今は生活のあらゆるものが値上がりしている状況なので、玉ねぎだけを強調して取り上げるのも変なのですが、でも、実際たまねぎって、食事の支度に欠かせないものですし…。

それでも、品物が見当たらなかった頃よりは、高値でも物が売られているだけ良いのでしょう。福岡は佐賀が近いことも利点ですね。

それに、私は家庭用なのでなんとでもなります。私なんかより、商売に使っている方こそ困りますよね。(私は、今後もしばらくは、玉ねぎの使用を控えめにしようと思います。)

売る側の青果店も大変ですね…。

玉ねぎやじゃがいもといった野菜は、例年は価格が安定していて、需要も安定しているので、経営を考える上で当てにする野菜だと聞きます。それなのにこんなことになるなんて。

(追記)5月に入って、価格はともかく、品物自体は店頭に山積みにされるようになった気がします。

玉ねぎの代わりに白ねぎは?

玉ねぎの代わり、ってなんでしょうね。

料理によっては、白ねぎもアリですね。香味とか加熱すると甘みが出るところとか近いですし。

福岡への入荷は大分産が多いようです。5月中旬からは夏葱に変わっていきます。

(追記)産地の状況データ

DATA

正確な情報は公式サイトでご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました