【随時更新】福岡市の新型コロナ関連情報(2022年)

福岡市の新型コロナ関連情報バナー 暮らし

2022.9.26から、感染者の全数把握が全国一律で見直され、医師の届出対象が65歳以上の高齢者や妊婦など重症化リスクの高い方に限定されました。それに伴い、福岡県では、届出の対象外となる方をフォローする「健康フォローアップセンター」が整備されています。(9/26より)
健康フォローアップセンターの電話番号は、地域によって番号が決まっているので、
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/follow-up-center.html でご確認ください。

療養証明に関する専用相談ダイヤルもあります。(9/15より)電話番号は
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/follow-up-center.html の「健康フォローアップセンター」の表の一番下でご確認ください。

福岡市:新型コロナウイルス感染症に関する情報
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/health/kansen/nCorV.html

福岡県:新型コロナウイルス感染症ポータルページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

内閣官房:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について
https://corona.go.jp/

福岡市:新型コロナワクチン接種 空き状況確認(誰でも見られるページ)
https://www.city.fukuoka.lg.jp/covid19vaccineop/search.cgi

福岡アンテナ「福岡市の新型コロナワクチン情報」
https://fukuoka-an.com/article/2021120000/

このページに掲載した内容は、調べたいときのヒントとなるようにピックアップしています。
詳しい内容については、必ずご自身で公式発表でご確認ください。

発生状況

福岡市の発生状況/福岡市ホームページ
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/coronataisaku/health/jirei/cohs_.html

福岡県内の発生状況/福岡県庁ホームページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19-hassei.html

発熱したときに受診するには(福岡市)

症状が出たときに、
・医療機関を受診する(対面診療またはオンライン診療)
・検査キットを送ってもらう
・何もしない
という選択肢があります。(2022.9.26時点)(それぞれに対象となる条件があります。)

検査キットの場合
検査キットは原則翌日に発送し、到着は申込みの2日後となります。自分で検査キットを使って陽性になった方は、医療機関を受診することなく健康観察を受けることができるよう、窓口として「キット配付・陽性者登録センター」が設置されています。(2022.9.26時点)(https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/agkit.html より)

コロナ受診方法のお知らせ
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/coronataisaku/health/covid19_jusinkensa.html より

発熱患者等の診療・検査ができる医療機関の一覧(福岡市公式サイト)
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/coronataisaku/health/list_of_medical_institutions_fever.html

県のサイトにも医療機関一覧が載っています(福岡県公式サイト)
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/jushin.html#c

オンライン診療

オンライン診療について(福岡市公式サイト)
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/coronataisaku/health/covid19_jusinkensa.html#onl

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index_00014.html

福岡県の対応医療機関リスト(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/content/000691143.pdf

厚生労働省のリストには大きな病院が載っていますが、ご近所クリニックで対応しているところを探すのがいいかもしれません。

無症状の人の無料PCR検査

無症状の人(症状が無い、濃厚接触者でもない、などの条件を満たした人)を対象にした、無料のPCR検査/抗原定性検査を県が行っています。

(↓)詳しくはこちら。検査場所一覧も載っています。

対象外のリスト

なお、検査会場によって、PCR検査等と抗原定性検査のどちらかのみをやっている会場と、両方やっている会場があるので、ご確認ください。

PCR検査:唾液で検査。検体を検査機関等に送る。一部医療機関は自前の機器で検査。
抗原定性検査:綿棒を鼻に入れて検査。その場で検査(判定時間が必要です。30分とも言われています。検査キット自体の所要時間は10~15分くらいですよね確か。)

参考ページ
「新型コロナウイルス感染症に関する検査について」厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00132.html

学級閉鎖

福岡市教育委員会
https://www.city.fukuoka.lg.jp/kyoiku/kinkyu/coclosch.html

これまでのあれこれ

福岡県の「コロナ特別警報」は9月14日から「警報」に引き下げられました。

【2022.9.13】大学入学共通テストで、「発熱が37.5度以上38.0度未満の場合、咳や咽頭痛がなければ受験の継続が可能に」などの感染症対策等が発表されました。

【2022.9.13】「濃厚接触通知アプリ「COCOA」停止へ」という報道

9/12にオミクロン型に対応したワクチンが特例承認。9月中に接種開始になりそう。

2022.9.26から、生命保険会社大手4社のコロナ入院給付金の支払い対象が変更になります。(雑に言うと、若くて入院もしなくて妊婦でもなくて…みたいな人には支払われなくなります。正確な内容はご自身が加入している会社の発表でご確認ください。

感染者の「全数把握」が全国一律で見直しになります。

福岡県も国に合わせて9月26日から見直す方針だそうです。
(正式決定後の発表でご確認ください。)

【2022.8.8追記/8.17追記】

福岡県では令和4年8月8日(月)から抗原定性検査キットの配付を実施しています。
※この配布では対面での診察や薬の処方はありません。

(対象)

重症化リスクが低いと考えられる40歳未満の有症状者

8月17日(水)から「65歳未満」に拡大
8月22日(月)から「濃厚接触者」を追加


詳細はこちら
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/agkit.html

【2022.8.8追記】

「8月の休日等に開設している診療・検査医療機関一覧」が公開されています。
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/jushin.html#c

【西鉄バス運休】

新型コロナウイルス感染拡大により、一般路線バスの運行に必要な乗務員の確保が困難な状況となったため
期間:8月8日(月)~8月21日(日)

福岡地区
都心循環BRT(連節バス)およびキャナルシティラインを運休

さらにこの運休に伴い、その他の一部路線でも運休する便が発生

北九州地区
連節バス(特快1番・特快25番)を運休

福岡大学病院が2つの病棟を閉鎖。

医療スタッフ約1,900人のうち120人以上が新型コロナに感染、もしくは濃厚接触者となり、病院に出勤できない事態。

【2022.8.3】

Amazonでタイレノールが買えそう。(発送は2週間くらい先ですが、載ってもいなかった頃に比べれば。)

(私は療養用の解熱剤はアセトアミノフェンがいいかなあと思っているので、タイレノールやバファリンルナJみたいな、単剤を選んでいます。受診できてカロナールがもらえるとは限らないので念のために。)

【2022.8.2】

お盆期間は臨時の無料検査拠点を拡充(5~18日)
<福岡県>
博多駅、小倉駅、福岡空港、北九州空港
▼詳細
https://corona.go.jp/free_inspection/

▼無症状者を対象とした無料検査

無症状者を対象とした無料検査の実施について - 福岡県庁ホームページ

・濃厚接触者の待機期間の短縮(これまでの原則7日間から5日間に)(また、2日目と3日目の抗原検査が陰性であれば3日目に待機解除可能に)

・抗原検査キットの無料配布する方針

【2022.7.22】

いつからかわかりませんが、Amazonで薬(解熱)が買いづらくなってる…。

(Amazonで買うことをお勧めしているわけではありませんが、買えないのは心細いなあと思います。)

【2022.7.22】

福岡県が引き上げ!

コロナ特別警報に。

ただし行動制限の要請はありません。(あら…)

(22日12,155人、21日10,752人)

【2022.7.20】

3連休明け。山笠明け。

9,136人!!!!

それぞれに意見はあるでしょうが、さすがにこれは急すぎ&増えすぎでしょう。

重い病気になってもこれでは診てもらえないですよ…。


「駐車に2~3時間、会計待ち7時間」3連休、福岡市急患センターでの絶望感
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/959146/

【2022.7.6】

7/6(水)2,366人!大幅増!!

県独自の「福岡コロナ警報」を発令。
感染対策の徹底を呼びかけ。
時短要請はなし。

【2022.7.5】

「増加の局面に転じた」

(もう、増えすぎよ、これ……)

【2022.7.3追記】

この一週間、陽性者数が大幅増。リバウンド。

福岡アンテナtwitter「今週は福岡でも大きくリバウンドして気が重い一週間でした。外にいる人はみんな罹患済なのかな?もしかしたら危ないのは自分だけ??でも周囲が罹患済ならかえってリスクは低いのかな???でも何度も罹患することもあるだろうし…???? 自分のリスクがよくわからなくなってきました」

2022年2月現在、PCR検査は、
・医療機関などで行っているPCR検査
・原則として無症状の人を対象にした一般の検査センターのPCR検査(無料)

の2種類があります。
一般の検査センターで陽性が出た方は、医療機関に行って確定診断を受ける必要があります。

【2022.6.18】
「豪州でインフル流行 コロナと同時「ツインデミック」に」という報道。
半年後にはこちらも…ですかね…。できる限り避けたいですね。

【2022.6】
外国人の観光客の受け入れ再開…

(それかはわかりませんが、外国人で観光の人を見かけるようになりました。)

【2022.5.31追記】

福岡県独自のコロナ警報が6/1に解除になります。
飲食店での人数しばりも無くなるんですね(パーッといきたい人も、そこはほどほどでお願いしたいです…)

【2022.5.30追記】
福岡市では、ワクチン接種の4回めが6月1日から始まります。

対象は5か月が経過した(1)60歳以上、(2)基礎疾患のある人、など。
接種券が届き次第予約可能です。

【2022.4.26追記】報道によると、県は、「新たな対策として、博多駅そばのホテルに無料の抗原検査所を臨時設置します。今月28日から来月8日までで、感染に不安を感じる県民や、県外からの旅行客や帰省客が対象です。」だそうです。県のサイトに掲載されたら載せますね。(見つけられない)

どんたく…やりますもんね…。

【2022.4.18追記】

ノババックス社のワクチンが承認されました。

mRNAワクチンではないという選択肢ができました。

2022年4月、全国的にコロナの第六波と言われる数字が数字がいつまで経っても減りません。GW前に減ってほしいところです。報道によれば、家庭・職場・学校で繰り返し発生していて減らないということです。

【2022.3.14追記】

記事「過去に新型コロナに感染した人は、ワクチンをいつ接種すべきか?」
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20220314-00286134

(コロナのことは未だにわからないことばかりなので、この記事も現時点で言えることに過ぎないと思いますが、今の時点での回答が欲しい方もいらっしゃると思うので、参考までにご紹介しておきます。)

【2022.3.7追記】
福岡県のまん延防止等重点措置が解除されました。(結局3/6までで、そこからの延長はなし)

なんてこった!ただ、解除されようがされまいが、自分たちがそれぞれのベストな行動を取ればいいと思っています。

【2022.3.7追記】

新型コロナワクチンの3回目接種について、すべての集団接種会場で週末ナイト接種(金・土の21時まで開設時間を延長)が始まります。

また、3/14以降、月曜から木曜の12時~15時には予約なし接種が行われます。

※いずれも接種券が必要です。

<ワクチン接種>

5~11歳の子どもは、3月から開始です。(ファイザーの子ども用/3週間間隔で2回接種)

<ワクチン接種>

18歳以上の全ての方が2回目接種から6か月で接種できるようになりました。

2月16日時点/連日5,000人とか言ってて、最近ちょっと4,000台とかに減ったとか前の週の同じ曜日を下回ったとか言われても、もうそれ誤差に思えてしまって辛いです…。

2022.1.28より、濃厚接触者の待機期間が7日間に短縮されました(※社会機能維持者は5日)
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/corona-omicron-taikikikan.html

1月25日時点で、累計陽性者数が福岡県では10万人を超えたそうで、人口が約512万人なので、「50人に1人くらいの割合」と考えると、じんわりとしんどいなあ…。あまり気にせず普通に暮らしたいと思いますが。

1月22日(土)県内2,833人でした。連日、過去最多を更新しています。(トホホ…と悲しくなりますが、心を折らずに淡々と過ごしたいと思います。)

1月8日(土)県内229人でした。福岡市では陽性率が7.2%!来てますね…学校も始まっているのに…受験シーズンなのに…。

福岡市のワクチン接種状況

2022年2月に入り、高齢者の下の層(60歳~64歳)にも接種券が届き始めているようです。(基礎疾患のある方に届いているのかは確認が取れていません。)64歳~60歳と基礎疾患登録者は2021年7月から打ち始めているので、そこから6か月と数えると、2月になって打てるようになった人が多くいると思われます。

2021年の接種状況など
http://fukuoka.in.coocan.jp/21/2021051101.html

DATA

福岡市:新型コロナウイルス感染症に関する情報
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/health/kansen/nCorV.html

福岡県:新型コロナウイルス感染症ポータルページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html

タイトルとURLをコピーしました