九州国立博物館「特別展 長沢芦雪」

九州国立博物館 特別展「生誕270年 長沢芦雪 ― 若冲、応挙につづく天才画家 街の話題

九州国立博物館で、特別展「生誕270年 長沢芦雪 ― 若冲、応挙につづく天才画家」をやっています。

良かったです!!(これが言いたくてこの記事をUPしました。ぜひ!)

関連して梅の話なども載せておきますね。

(ちなみに、今年の特別展はこれが最後になります。)

スポンサーリンク

特別展 長沢芦雪

九州国立博物館 特別展「生誕270年 長沢芦雪 ― 若冲、応挙につづく天才画家」

九州国立博物館 特別展「生誕270年 長沢芦雪 ― 若冲、応挙につづく天才画家」
2024年2月6日(火)~3月31日(日)
【会期中に展示替えが行われます】
(龍・虎図襖は前期=3/3まで)
https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s71.html

とても、良かった、です。(力説)

会場の混雑状況

初日は避けて、数日後の平日に行きました。今はちょうど梅の季節ですし、とても混雑しているかと覚悟して行ったのですが、私が入館したときには思いのほか空いていました。どのくらいかというと、龍・虎図襖の全体を離れた場所から邪魔なく見られた(偶然に機会があった)くらい。一週目が必ず混んでいるとは限らないんでしょうか…。1Fのエスカレーター乗り場には、特別展専用の通路が作られていたので、入場から行列する前提だと思うのですが。(※近年は「平日でも、どこの美術館も混んでてきっついなー」という認識です。)

本当にたまたま偶然このときだけ見やすかっただけかもしれないので、あまり参考にならないかもしれませんが・・。

あと、

芦雪と同時代に活躍した、伊藤若冲、丸山応挙、池大雅、与謝蕪村らによる珠玉の名品もゲスト出陳します。
(https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s71.html より

これもすごく良かった!(←これも言いたかった!)

気になっている方は!ぜひ!行って!!(私も後期も行きたいです。)

当日料金から100円割引

今年の特別展はこれが最後

照明設備の改修等のため、令和6(2024)年4月1日(月)~令和6(2024)年12月(予定)、3階特別展示室が閉室になります。

2025年は開館20周年

2025年からは、九州国立博物館の開館20周年を記念した特別展が始まります。

第1弾として、日本全国の「はにわ」が九博に集結します。

特別展
挂甲の武人 国宝指定50周年記念/九州国立博物館開館20周年記念
はにわ
2025年1月21日(火)~5月11日(日)
※予定

太宰府天満宮の梅も見ごろ

太宰府天満宮の梅も見ごろでした。散ってなくて良かった。春節の前に行けたのも良かった。

九州国立博物館 特別展「生誕270年 長沢芦雪 ― 若冲、応挙につづく天才画家」太宰府天満宮梅
九州国立博物館 特別展「生誕270年 長沢芦雪 ― 若冲、応挙につづく天才画家」太宰府天満宮飛梅

(飛梅が開花したと発表されたのは1月12日でした。)

節分厄除け大祭

太宰府天満宮では、1月26日(金)~2月29日(木)まで「節分厄除け大祭期間」です。

九州国立博物館 特別展「生誕270年 長沢芦雪 ― 若冲、応挙につづく天才画家」太宰府天満宮
九州国立博物館 特別展「生誕270年 長沢芦雪 ― 若冲、応挙につづく天才画家」太宰府天満宮

博物館前のレストラン

九州国立博物館の入口前のレストラン「いい乃じ」(2023年12月オープン)も賑わっていました。

九州国立博物館の入口前のレストラン「いい乃じ」(2023年12月オープン)
九州国立博物館の入口前のレストラン「いい乃じ」(2023年12月オープン)

足湯もオープンしています

九州国立博物館の入口前の「九博庭園 足湯茶屋」

「いい乃じ」に隣接して、「九博庭園 足湯茶屋」がオープンしています。

九州国立博物館の入口前の「九博庭園 足湯茶屋」

足湯のご利用方法
茶屋セット、カフェセットのいずれかお好きなセットをお選びください。
全てのセットメニューには、足湯の料金(タオル付き)が含まれています。

※ご利用時間は、1組様45分とさせていただきます。
※雨天の場合は、中止とさせていただきます。

<セットメニュー>
・ドリンクセット(軽食or甘味、お好きなドリンク、足湯タオル)1800円
・カフェセット(お好きなドリンク、足湯タオル)1200円~

九博庭園 足湯茶屋
営業時間:11時ー17時(LO.16時)
休日:博物館休館日に準ずる。
オープン日:2024年2月6日(火)

DATA

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

九州国立博物館
https://www.kyuhaku.jp/

タイトルとURLをコピーしました